ドクターリセラホームページ
リセラテラス
リナーシェ
ブラッスリーリナーシェ

営業日カレンダー

2020年 04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
定休日
2020年 05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
定休日
 

お知らせ

2018/06/23

完全栄養

食事は丸ごと食べるのがバランスのとれた健康に良い食事方法。
昔から“医食同源”と言われるように、食事に注意することが病気を予防する最善の策と思います。 完全栄養とは、食品をできるだけまるごと食べることで摂れるのだと言う。 完全栄養食品とは、人体に必要な栄養素をバランス良く含んだ食品。 個体を丸ごといただける食材であれば動物・植物どちらでも“完全栄養食”に。 ◆果物 果物は皮ごと食べるのがよいそうです。 果物は、果実部分よりむしろ皮の部分に多くの栄養素が含まれています。 特に、抗化作用を持つ成分であるポリフェノールが多く含まれています。 昔から「ミカンの皮は医者いらず」と言われミカンやりんごの皮には抗菌作用や創傷治癒(傷を治す)効果があるといわれています。 ◆野菜 野菜は大きめに切って蒸したり、葉や皮などをスープにしたりして余すところなく残さず食べることで完全栄養が得られます。 秋刀魚◆魚 魚もなるべく丸ごと食べることでこちらは動脈硬化や中性脂肪を抑えるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)を効率よく摂取することができます。 イワシやアジ、サンマなどの小型の青魚や、メゴチやハゼのような小魚を、頭ごと、骨ごと、腹ごと食べましょう。 また美肌に効果があるコラーゲンは魚の皮の部分に多く含まれています。 ◆その他
豆類、玄米、全粒粉など精製していないものも完全栄養食です。玄米の周りについているヌカにはLPSが大量に含まれています。 LPS(リポポリサッカライド)は免疫ビタミンと呼ばれています。 体の「自然免疫力」を強化し、病気やウイルスに負けない体作りに役立つといわれます。
 

アクセス : 253

お知らせ一覧
© ドクターリセラ株式会社2017 All Rights Reserved,Copyright