肉牛に感謝‼

肉牛として出荷される牛は、肉質が充実して最もおいしくなる時期まで肥育(牛に肉をつけさせること)され、 その後、出荷されて一生を終えます。

和牛で最も有名な黒毛和種の去勢牛(去勢した雄牛)は、サシが入って肉質の良くなる、約28ヵ月齢(2年4ヵ月)前後に出荷されます。
寿命の約10分の1です。雌牛の場合は、去勢牛よりも2ヵ月くらい長く育てられて出荷されます。

ほかの種類の牛も見てみましょう。
・和牛は、交雑種の去勢牛は26ヵ月齢(2年2ヵ月)前後、乳用種の去勢牛は早く大きくなるので21ヵ月齢(1年9ヵ月)前後 で出荷されます。
・アメリカの肉専用種はと言うと、15~18ヵ月齢(1年3ヵ月~1年6ヵ月)で出荷されています。
日本ではサシが入った肉が求められるため、アメリカよりも肥育期間が長いのです。
・ニュージーランド牧草牛肉はアンガス種とヘレフォード種とそれらの交雑種にほとんどで、品質が安定。18~24ヵ月齢(1年6ヵ月~2年)で出荷されます。
肉牛は、種類や性別、飼われている目的によって、出荷される時期が異なっています。

日本の国産牛とニュージーランド産牧草牛は特別

生まれたらすぐに初乳を飲ませます。初乳には、病気にかかりにくくなる成分(免疫抗体)が含まれています。2ヵ月齢くらいから母乳では栄養が足りなくなるにで飼料や牧草を与え始めます。
骨や筋肉が育つ時期なので、タンパク質が多く必要になります。「出生体重が35kg 離乳時体重85kg」

4ヵ月齢(育成牛)
骨や、4つある胃のうち最も大きくて重要な栄養源を吸収する1胃(ルーメン)が丈夫になるように、粗飼料を多く与えます。この時期に太らせてしまうと、肥育がうまくいきません。「4ヵ月齢体重100kg 素牛体重280kg」

素牛10ヵ月齢 黒毛和種去勢(肥育)

肥育牛 前半は骨とルーメンを丈夫に育てることを重視します。後半は、赤い肉部分と赤い部分の間に脂肪がつくようにして太らせます。牛に肉を付けさせる方法はいろいろありますが、和牛の場合は、ある程度の時間を
かけて良質な肉をつくることを目指しています。「出荷体重720kg」28ヵ月齢

★日本とニュージーランドでは肥育期間には肥育ホルモン促進剤の投与ができない様に法律で義務化されています。

世界的に見てもアメリカ、カナダ、オーストラリアで肥育促進剤の使用が認められている。

トップへ戻る
Translate »