ジャムの話

・ジャムの話

ジャムの歴史は非常に古く、今から1万年~1万5千年前の旧石器時代後期に、人類がミツバチの巣から蜜を取っている風景が、スペインの洞窟で発見され、
その後果実を土器で煮た跡が見つかっています。人類の生活の知恵として、果実をハチミツで煮たものと想像されます。ジャムが有史以前から人類とともにあった、最古の保存食品であるといえるでしょう。

世界のジャムの始まり

紀元前320年頃、有名なアレクサンダー大王が、東征してインドを攻略し、貴重な砂糖をヨーロッパに持ち帰ってジャムがつくられ、王侯貴族僧侶が、 珍重して食べたといわれます。その後、十字軍のオリエント遠征(1096~1270年)で、大量の砂糖が持ち帰られて、ジャムづくりが一般に普及されるようになりました。 その後、16世紀になるとオランダやスペインの商船によって大量の砂糖が運ばれるようになり、ようやく一般家庭でもジャム作りが盛んに行 われるようになったのだそうです。

日本では

明治10年、 国産ジャム第1号はいちごジャムを試売したのが始まりとされています。 ジャムは、宣教師が16世紀後半にもたらしたと考えられます。 日本で初めてジャムをつくったのは、明治10年、東京の新宿にあった勧農局(現:農林水産省の一部)で、そのいちごジャムを試売したそうです。 企業としての始まりは、その4年後、1881年(明治14年)のことで、長野県人により缶詰のいちごジャムがつくられました。 以来、長野県はジャムづくりが盛んになりました。 明治末期から大正初期にかけて、日本でもジャム作りが盛んに行われるようになったといわれています。

その後、第二次世界大戦後になると、学校給食でのパン食普及により子供たちがジャムに慣れ親しんだり、食事が洋風志向になっていったことなどから、日本でもジャムの需要が多くなり国産ジャムが大幅に増えるようになりました。

長い歴史を持ち、古代の人たちにとっては貴重な甘味だったジャム。時々、そんな彼らに想いを馳せながら、ジャムを楽しんでいただけると嬉しく思います。

トップへ戻る