生態系調和型農業理論

BLOF理論に基づく有機栽培は、
①植物生理に基づいたアミノ酸の供給
②土壌分析・施肥設計に基づいたミネラルの供給
③太陽熱養生処理による土壌団粒の形成、土壌病害菌の抑制と水溶性炭水化物の供給による地力の向上により、高品質・高栄養価・多収穫を実現するものです。

①アミノ酸の供給

化成肥料を用いた慣行栽培では、作物が吸収した無機態窒素と光合成で作った炭水化物を利用してアミノ酸を合成し、タンパク質の合成をします。一方、BLOF理論では、炭水化物付き窒素であるアミノ酸を活用するため、タンパク質合成に炭水化物をあまり必要とせず、余剰となった炭水化物を、植物体を強化する植物繊維、根酸、収穫物の栄養(でんぷん、糖、有機酸、抗酸化物質)に利用できるため、病害虫に抵抗できる強い体を持ちながら、高品質・多収穫を実現できます。

②ミネラルの供給

ミネラルは、土壌分析によりその過不足を把握し、分析結果に基づき施肥設計を行い、適量を施肥します。ミネラルは、光合成に必要な元素であり、様々な生化学反応を制御しているため、ミネラルが不足した状態で窒素が効くと作物は軟弱な成長になり、病害虫被害に遭いやすくなるので、ミネラル先行窒素後追いの施肥管理をします。

③太陽熱養生処理

太陽熱養生処理は、圃場に中熟堆肥と肥料(NPK,ミネラル)を施肥後、適量の水を与えた上でマルチをかけて、積算温度450~900度を目安に養生処理するものです。太陽熱養生処理は、下記の効果があります。
・土壌に団粒構造が形成され、作物の根張りが改善し、光合成能力を上げて高品質・多収穫が実現する
・土壌病害菌と拮抗する有用微生物を土中に増殖させ、病気の発生を防ぐ
・水溶性炭水化物を供給することで地力が向上し、その地力を最大限に活かすことで、高品質・多収穫が実現する

BLOF理論の野菜のお買い上げはこちら

トップへ戻る