ソイパスタと原材料とほ場

大豆の生産量全国第2位

小麦粉やつなぎ成分を一切使用せず、宮城県産大豆「ミヤギシロメ」を100%使用して作られたパスタです。
たんぱく質や水溶性・不溶性両方の食物繊維が豊富で、畑の肉とも呼ばれる大豆のパスタは、小麦のパスタに比べて糖質が低い、注目の大豆フードです。
大豆のみを使って作られているので、具材や調理法を工夫すれば、グルテンフリーを心掛けている方や動物性の食物を摂りたくない方にも安心してお楽しみいただけます。
また、遺伝子組換原料は使用していません。

宮城県の大豆作付面積は、北海道に次ぐ主産地

さまざまな加工に適した品種が栽培され、仙台味噌・豆腐・納豆などの原料となっています。
中でも「ミヤギシロメ」は、宮城県の奨励品種。高級ブランド品種として、全国的に「国産大豆の中でもワンランク上」と高い評価をいただいている品種です。
おいしいだけでなく、粒が大きく見栄えが良いことも特徴で、和菓子や煮豆の材料としてもよく用いられ、高級な味噌、納豆の原料にも需要がある貴重な大豆です。
管内では、約260ヘクタールの面積を有します。

茹で方

・大き目の鍋にたっぷりのお水を用意します。
・水の中にパスタ(1人前35~40g)を入れます。
・火をつけて沸騰させます。
・沸騰してから5分茹でると完成です。
※茹であがり後は約3倍にふくらみます。

おいしい食べ方

パスタとしてお好みのソースと合わせてお召し上がりください。
本品は大豆の特性上、麺同士が絡まりやすいため多めのソースで召し上がるとより一層おいしく食べられます。

この商品のお買い上げはこちら

トップへ戻る